初心者必見!クレジットカードの使い方と気を付けるべき注意点

「クレジットカードを作ってみたいんだけど、一体どうやって使えばいいのかな。」

そう疑問に思われたことはありませんか?

初めてクレジットカードを持つとなると、ちゃんと使いこなせるのかどうしても不安になってしまいますよね。

そこで今回は、クレジットカード初心者のみなさんに向けてクレジットカードの使い方や注意点をお伝えしていきますね。

あなたもクレジットカードに対する不安をここで解消してしまいましょう。

クレジットカードの使い方をケース別にご紹介

それではまず、クレジットカードの使い方をケース別に分けてご紹介していきますね。

自分はどの場面で使うことが多そうかというのも考えながらチェックしてみましょう。

ケース1.店舗

店舗でクレジットカードを使う場合、お店の店員さんにクレジットカードの利用が可能かどうか聞く方法と、レジの周りにあるクレジットカード関連のステッカーで確認する方法があります。

ちなみにクレジットカード関連のステッカーには、

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

などクレジットカードにも記されているマークがさまざま付いていますよ。

この中から自分のカードに記載されているマークがあるかどうかを確認すると、カードの使用が可能な店舗か把握することができます。

そしてその後は、支払い回数を店員さんに伝えます。

上記のようなマークの種類を言うと、店員さんの方から支払い回数を聞かれるので、その時に一括払いにするかリボ払いにするかなどを決めておきましょう。

支払い回数を選択したら、次は暗証番号を入力するまたは自分のサインを書き込みます。

暗証番号の入力は店舗によって対応しているところと対応していないところがあるため、お店の状況に合わせてどちらかを選ぶ必要がありますよ。

また、暗証番号を忘れてしまったらサインでもいいかどうかを店員さんに聞くと、サインだけでも済む時があります。

しかしコンビニではクレジットカードの支払額が1万円以下だとサインを求められることはないので、そういった手間を省いて買い物をすることができますよ。

ケース2.ネット通販

続いてはネット通販でクレジットカードを利用する時の使い方です。

ネット通販でカードを使う時は、支払い方法からクレジットカードを選択します。

そしてクレジットカードの表側に記載されているカード番号・名前・有効期限を入力すれば手続きを完了することができますよ。

しかし、中にはセキュリティコードの入力が必要な場合もあります。

そうした時はセキュリティコードの欄にクレジットカードの裏側に記載された3桁の数字を入力すればOKです。

ちなみにセキュリティコードの欄があるということはそれだけそのサイトがセキュリティ管理を徹底しているということなので、より安心して利用できるサイトと言えますよ。

そのためセキュリティコードの入力は面倒であってもしっかりと入力しておきましょう。

クレジットカードはどんなことに役立つの?賢い使い方とは

クレジットカードの使い方を知ったところで、次はクレジットカードの活用方法について見ていきましょう。

使い方が分かっても、どのように使えばいいのか把握できていなければカードを使いこなすことはできません。

クレジットカードを便利に活用していくためにも、どんなことに役立つのか確認しておきましょう。

現金を持ち歩かずに支払いができる

持ち歩く現金が多額であればあるほど、盗難や窃盗にあってしまわないか心配になってはしまいませんか?

もしもそのような大きい金額を盗まれてしまったら、どうもがいても取り戻すことが難しくなってしまいます。

特に海外などへ旅行に行くと、なおさらその危険性が高まってしまいます。

しかしクレジットカードを所持していれば、現金が無くなって困り果ててしまうリスクを減らすことができますよ。

ポイントを貯めて生活費の節約につなげることも可能

多くのクレジットカードでは、ショッピングをするとその分のポイントを貯めていくことができます。

そして貯めたポイントを有効活用していけば、生活費の節約につなげることができますよ。

また、クレジットカードでは公共料金などの毎月発生する料金をカード払いにすることでもポイントが貯まります。

ガス代・電気代・水道代に加えて携帯料金と、公共料金だけでも毎月結構な支払い額になってしまうものですよね。

そのような公共料金をクレジットカードで支払った時に得られるポイントは、年間にして計算すると数万円になることもあります。

こうして節約できるというのは家計を切り盛りする主婦の方にとっても嬉しいですよね。

自分の信頼性を相手にアピールできる

クレジットカードを持っていると、自分の信頼性を高く相手に抱いてもらうこともできます。

なぜならカードが手元にあることで、相手に自分の人物像が伝わりやすくなるからです。

特にゴールドカードなどのランクが高いカードであれば、その信頼度をさらにアップさせることができますよ。

初心者がクレジットカードを持つ時の注意点

最後に初心者がクレジットカードを持つ時の注意点をいくつか挙げていきます。

手遅れになってしまわないために、クレジットカードを持つ前からしっかりと注意するべきところを頭に入れておきましょう。

暗証番号は絶対に教えない

クレジットカードの暗証番号は、例え信頼している人であっても教えないでおく必要があります。

そうすることで、カードが悪用されてしまったり、自分がなんらかの問題に巻き込まれてしまうのを防ぐことができますよ。

また、自分以外の誰かが暗証番号を入力した場合はカードの不正利用で問題が起きても補償を受けられないことがあります。

そういった意味でも、暗証番号を教えないことは大事になってきますよ。

クレジットカードの貸し借りは厳禁

クレジットカードを誰かに貸したりするのもNGです。

カードを誰かに貸した状態で悪用されてしまうと、暗証番号を自分以外の人物に入力されてしまった時と同様に補償してもらうことができなくなってしまいます。

そうなると自分で支払うしか方法がなくなってしまうので気を付ける必要がありますよ。

そのためどれだけ信頼している家族や友人であっても、カードの貸し借りだけはしないようにしてくださいね。

金利が発生するリボ払いは注意が必要

カードの支払い方法には、一括払いとリボ払いがあります。

そしてこの2つからリボ払いを選択してしまうと、後から支払いが困難になってしまう可能性があるのです。

それはなぜかというと、リボ払いは支払い額に金利がプラスされてしまうからです。

カードをリボ払いで利用した額が大きければ大きいほど、金利は増加します。

その結果最終的には支払い額が膨れ上がってしまうので注意しましょう。

なるべく延滞や滞納をしないように心がける

クレジットカードを持ったら、なるべく延滞や滞納を避けることも重要になってきます。

なぜなら支払いが遅れてばかりいると、複数のカード会社が共有している信用情報機関でブラックリストに追加されてしまうことがあるからです。

そうなるとクレジットカードを新たに申し込んでも審査落ちしてしまったり、車や住宅などのローンを組むことが難しくなってしまったりします。

このように後々困らないためにも、支払い期日をきちんと守ってクレジットカードを利用していく必要があるということですね。

ですからみなさんもカード会社から警戒されてしまわないように気を付けてください。

まとめ

クレジットカードを初めて持つ時は、誰だってきちんと使えるか不安になってしまうものだと思います。

しかしクレジットカードの使い方さえ覚えてしまえば、クレジットカードが私たちの生活を便利でお得にするためのサポートをしてくれますよ。

あなたもクレジットカードの使い方をマスターして、クレジットカード初心者から上級者を目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です